9784344984936

極上の孤独

価格:¥842   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。…

9784092312289

名探偵コナン ゼロの執行人

価格:¥756   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

東京サミットの開催予定地として建設中の総合リゾート「エッジ・オブ・オーシャン」を紹介するテレビ番組。それを見ていたコナンの目の前で爆発が発生!しかもそこには煙にまぎれて安室透とおぼしき姿が!?驚愕するコナンに追い打ちをかけるように、小五郎が爆破犯として逮捕されてしまう。安室の動きに違和感を感じたコナンは安室に詰め寄るが…。小五郎の無実を晴らすため、事件を調べめたコナンは、これが恐るべきテロの序章に過ぎなかったことに気づき!?中学年から。…

9784140885475

読書の価値

価格:¥885   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

なんでも検索できる時代だ。娯楽だって山のように溢れている。それでも、本を読むことでしか得られないものがあるー。著作発行累計1600万部を誇る人気作家が、並外れた発想力とアウトプットを下支えする、読書の極意を明らかにする。本選びで大事にすべきただ一つの原則とは?「つまらない本」はどう読むべきか?きれいごと抜きに読書という行為の本質を突く、唯一無二の一冊!…

9784062884679

プライベートバンカー 驚異の資産運用砲

価格:¥907   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 1 /平均 4.0

元金5000万円で毎年500万円のリターン。日本人富裕層が海外で行っている資産運用を凄腕のバンカー(清武英利著『プライベートバンカー』の主人公)が初めて詳細に明かします。

9784062991223

ψの悲劇 The Tragedy of ψ

価格:¥1,080   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

9784087210286

国体論 菊と星条旗

価格:¥1,015   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

明治維新から現在に至るまで、日本社会の基軸となってきたものは「国体」であるー。象徴天皇制の現代社会で「国体」?それは死語ではないのか?否、「国体」は戦後もこの国を強く規定している。一九四五年八月、大日本帝国は「国体護持」を唯一の条件として敗戦を受け容れた。ただし、その内実は激変した。「戦後の国体」とは、天皇制というピラミッドの頂点に、アメリカを鎮座させたものなのだ。なぜ、かくも奇妙な「国体」が生まれたのか。「戦後の国体」は、われわれをどこに導くのか。『永続敗戦論』の白井聡による、衝撃作!…

9784344984967

歴史と戦争

価格:¥842   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

幕末・明治維新からの日本近代化の歩みは、戦争の歴史でもあった。日本民族は世界一優秀だという驕りのもと、無能・無責任なエリートが戦争につきすすみ、メディアはそれを煽り、国民は熱狂した。過ちを繰り返さないために、私たちは歴史に何を学ぶべきなのか。「コチコチの愛国者ほど国を害する者はいない」「戦争の恐ろしさの本質は、非人間的になっていることに気付かないことにある」「日本人は歴史に対する責任というものを持たない民族」-八〇冊以上の著作から厳選した半藤日本史のエッセンス。…

9784040821221

陰謀の日本中世史

価格:¥950   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

本能寺の変に黒幕あり?関ヶ原は家康の陰謀?義経は陰謀の犠牲者?ベストセラー『応仁の乱』の著者が、史上有名な陰謀をたどりつつ、陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破。さらに陰謀論の法則まで明らかにする、必読の歴史入門書!!

9784569840680

「官僚とマスコミ」は噓ばかり

価格:¥972   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

森友問題、加計問題…。官僚たちは、自分たちの思う方向に状況をもっていくために、いかにメディアを操るか?マスコミは、なぜミスリードを繰り返すのか?「明日の社説に書け!」。財務省では、上司からそんな命令が飛ぶ。実は財務官僚は、様々な手を講じて、思いのままに新聞の社説を書いてもらえるほどの「ズブズブの人間関係」をつくりあげているのである。本書は、様々な「ニュース」の裏で、財務省はじめ官庁がどのような仕掛けをするのかを、著者の実体験もふんだんに交えながら紹介。驚愕の「霞が関とマスコミの癒着」や「フェイクの構造」を明らかにする、衝撃の書。…

9784480687807

友だち幻想

価格:¥799   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 5 /平均 2.8

友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。人と人との距離感覚をみがいて、上手に“つながり”を築けるようになるための本。

9784125013879

消滅世界 上

価格:¥972   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

9784106107634

神武天皇vs.卑弥呼

価格:¥777   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

神武天皇、卑弥呼、神功皇后…。実在したのか定かでない人々のことをあれこれ考えて何になる、と思うなかれ。古代史の常識は遺跡の発掘など考古学の進展により日々改められており、その常識に沿って『日本書紀』を虚心坦懐に読んでみると、様々な謎が解けてくる。縄文時代から脈々と築かれたネットワークを司り、ヤマト建国の背後で暗躍した海の民の存在とは?歴史作家・関裕二が問う驚きの日本古代史。…

9784106107610

マサカの時代

価格:¥820   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

世界情勢も日本社会も、そして個人の人生においても、予期せぬ出来事はいつでも起きる。不況や戦争、天災に病気、人はその繰り返しの中で生きながら、それでも「まあ、大丈夫だろう」と思いこむ。しかし今、時代の風は大きく変わりつつあるようだ。ひたひたと迫りくる歴史的な大変化、常識もルールも通用しない「マサカの時代」とどう向き合うか、これからを生き抜くヒントが満載!…