4910047331288

社労士V 2018年 12月号 [雑誌]

価格:¥1,199   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

社労士試験受験専門誌特別企画 労働保険と社会保険の比較 連 載 改正ポイントと演習問題(第2回)【動画無料】重要判例&通達 解説+問題(第2回)間違えやすいポイントQ&A(第3回) 科目別 基礎力完成ゼミ〜雇用保険法【動画無料】実戦演習 個数 組合せ 長文 選択式 問題と解法〜雇用保険法 綴込付録 重要条文&数字 暗記カード「雇用保険法」…

4910120511286

SR (エスアール) 2018年 12月号 [雑誌]

価格:¥1,851   送料無料 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

特集「働き方改革」制度設計提案の極意(トーク&提案書&導入・運用ツール)◆「働き方改革」に対応した「労働時間設計」提案実務 ◆年休の取得/テレワーク/勤務間インターバル/フレックスタイム制/兼業・副業[その他記事]◆ISO45001に社労士としてどのように関わるか ◆弁護士事務所における社労士の役割 ◆社労士が社外取締役・監査役等になる! ◆私が活用するHRテクノロジー ◆第三者行為災害 保険給付と損害賠償との調整実務 ◆『SR』編集部がセミナー講師陣に聞く! 独立・開業 成功の法則 他…

4910025311288

会計人コース 2018年 12月号 [雑誌]

価格:¥1,680   送料無料 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

税理士、会計士合格へのパートナー自分に合った事務所選びをしよう 税理士受験生の就職・転職

4910044791283

月刊 社労士受験 2018年 12月号 [雑誌]

価格:¥1,620   送料無料 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

【特集1】労基法行政通達セレクト30 労働基準法においては、法令の条文そのものだけではなく、行政によるその法令の文言の解釈を示した「行政通達」によって実際の実務的運用が行われており、社労士試験においても、「行政通達」を根拠とする出題は極めて多いのです。今月号は、この行政通達を音声講義で解説し、その条文が持つ本質を理解していきます。【特集2】計算問題演習(労働科目編)計算問題を苦手にする方は多いのですが、社労士試験で出題される計算問題は、「計算そのもの」ではなく「計算式の立て方」がマスターできれば、基本的に正答することが可能です。この「計算式の立て方」について、基本問題と応用問題の2つのレベルで問題演習を行います。…

noimage_01

会計人コース 2019年 01月号 [雑誌]

価格:¥1,680   送料無料 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

税理士、会計士合格へのパートナー合格発表からの・・・2019年スタートダッシュ 科目選択・原因分析・計算力UP

noimage_01

社労士V 2019年 01月号 [雑誌]

価格:¥1,199   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

社労士試験受験専門誌特別企画 法令適用の優先順位 連載 改正ポイントと演習問題(第3回)【動画無料】重要判例&通達 解説+問題(第3回)間違えやすいポイントQ&A(第4回)科目別 基礎力完成ゼミ〜労働保険徴収法【動画無料】実戦演習 個数 組合せ 長文 選択式 問題と解法〜労働保険徴収法 綴込付録 重要条文&数字 暗記カード「雇用保険法」…

4910078711080

不動産受験新報 2018年 10月号 [雑誌]

価格:¥1,188   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

資格試験をめざす人のライセンスパートナー

noimage_01

不動産受験新報 2019年 01月号 [雑誌]

価格:¥1,188   送料別 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

資格試験をめざす人のライセンスパートナー・平成30年度宅建士試験を徹底分析

4910044790194

月刊 社労士受験 2019年 01月号 [雑誌]

価格:¥1,620   送料無料 

 楽天ブックス   レビュー:件数 0 /平均 0.0

【特集1】ねらわれる判例(2)〜再出題されるのはこの判例!〜判例問題は近年必ず出題があり、今や判例対策は必須です。重要な判例は繰り返し出題されることも多く、過去に本試験で出題された判例の中から、特に2019 年度本試験対策として押さえておきたい重要判例を厳選して音声講義で解説します。判例独特の表現に慣れ、正誤判断の力を養いましょう。【特集2】計算問題演習(社会保険科目編)社労士試験で出題される計算問題は、「計算そのもの」ではなく「計算式の立て方」がマスターできれば、基本的に正答することが可能です。この「計算式の立て方」について、基本問題と応用問題の2つのレベルで問題演習を行います。今月号は社会保険科目編です。…