umeebeccyasannriku_203z04084
yakiniku-kacchan_h015
umeebeccyasannriku_201z03690-1
umeebeccyasannriku_203z06492

部位は脾臓(ひぞう)、別名「タチギモ・タチ」 『レバー同様、栄養満点で、より柔らかくキメが細やかでレバーに少し歯ごたえをくわえた様な感じで、ビタミンや鉄分が豊富なお肉』です あまり市場には出回らない希少な部位で、少し苦みがありレバーを濃厚にした感じでクセが強いのでホルモン上級者向け 独特の癖はありますが、小さなお子様やお年寄りの方でも召しあがれます ◎オススメ調理方法 焼肉や炒め物にオススメです ・約300g(りんごと同じ位) ・冷凍1ヶ月解凍後2日以内 ・真空パックエアークッションに包んでお届けします ・解凍後小分けして冷凍保存1週間、冷蔵保存の場合は解凍後2日以内にお召し上がりください ・通常は注文が確定してから3日以内。希少…

【気仙沼ホルモン】 気仙沼の漁師たちが愛して止まないソウルフードがあります。それが「気仙沼ホルモン」。 漁業で栄える街、気仙沼には似つかわしくない漁師たちが食べ続ける味。いわゆる漁師飯。一体なぜこの「気仙沼ホルモン」が、漁師たちのソウルフードになったか? それは恐らく、長い間海に出ていた漁師さんが家に帰り、手軽にエネルギーを補給でき、その独特の味付けはご飯のお供や酒肴にも役立つ。その便利さも手伝い、ソウルフードとして広がっていきました。 【からくわ精肉店】 気仙沼唐桑地区。その地で50年間精肉店を畠山さんは営んでおりました。その腕は確かなもので、試行錯誤を何回も繰り返す事によって味を知り尽くし、一番良い状態の肉、一番良い部位を選び抜…

【からくわ精肉店】 気仙沼唐桑地区。その地で50年間精肉店を畠山さんは営んでおりました。その腕は確かなもので、試行錯誤を何回も繰り返す事によって味を知り尽くし、一番良い状態の肉、一番良い部位を選び抜く目利き力は、多数のお客さんに大きな信頼を得ております。 しかしテレビで何度も放映された津波によって、店舗は全壊。 気仙沼の別の地で新たにお店を構え、その腕一つで再び多くのお客さんから指示を受けております。…

餃子の餡にはミンチになったホルモンとニラやキャベツなどの野菜がタップリ! 野菜と味噌ダレの甘さ、そして、たっぷり入ったニンニクが癖になる、お酒のおつまみはもちろん、ご飯のおかずにもピッタリの一品です。 【気仙沼ホルモン】 気仙沼ホルモンとは宮城県仙台市を中心とした地区で食べられてきた豚のホルモン焼きです! その食べ方は独特で、千切りにしたキャベツの上にソースをかけて、焼き立て熱々のホルモンをのせて食べるのが地元流です。 気仙沼の漁師達が漁に出た後にスタミナをつけるために食べられてきたと言われています。 今でも地元市民達から大人気のソウルフードです! 【からくわ精肉店】 気仙沼唐桑地区。その地で50年間精肉店を畠山さんは営んでお…

yakiniku-kacchan_h015
umeebeccyasannriku_201z03690-1
umeebeccyasannriku_203z04084
umeebeccyasannriku_203z06492