wwpc_b006
wwpc_b018
wwpc_b004
wwpc_b019

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【6種混合ワクチン】 パルボウイルス感染症、アデノウイルス2型感染症、犬伝染性肝炎、ジステンパーウイルス感染症、パラインフルエンザ感染症、コロナウイルス感染症を予防します。特にジステンパーと伝染性肝炎、パルボウイルス感染症は重症度が高く、子犬や老犬では死亡することも珍しくありません。 その他のウイルスは単独で感染してもそれほど重症にはなりませんが他のウイルスと重複感染を起こすと症状が重篤になることがあります。 年に1度、確実に予防しましょう。…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【3種混合ワクチン】 猫伝染性腸炎、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症を予防します。 「猫カゼ」とよばれる感染症を予防することができるので室内、屋外の飼育環境にかかわらず、予防が推奨されます。 猫3種混合ワクチンでの予防は100%ではないため、軽い症状があらわれることがありますが、死に至るような事態は避けられます。…

狂犬病は文字通り犬だけの病気と思われがちですが、人間を含むすべての哺乳類に感染します。 病原体(狂犬病ウィルス)は、狂犬病にかかっている動物の唾液に含まれ、その動物にかまれると発病します。発病したら100%死亡するという恐ろしい病気です。 幸い、日本では1956年を最後に発生していませんが、海外では多くの発生例が未だ報告されていますし、日本にも色々な動物が輸入されているので、いつ発生するかも分かりません。 但し、予防注射さえきちんと打てば、予防できる病気です。大切な愛犬のためにも忘れずに毎年受けましょう。 日本では飼い犬への年1回の狂犬病予防接種が狂犬病予防法により義務付けられています。 …

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【IgE検査アレルギー検査(40項目)】 ハウスダストや花粉といった環境中のアレルゲンを特定するため、現在もっとも一般的に行われているのが、アレルゲン特異的IgE検査です。アレルギーの際に出現する血中抗体(IgE)の濃度を測定することで、アレルギーの原因(アレルゲン)を判定することができます。 節足動物:ヤケショウダニ、コナヒョウダニ、ノミ、蚊、ゴキブリ 樹木:スギ、シラカンバ、ハンノキ カビ:アスペルギルス、アルテリナリア、クラドスポリウム、ペニシリウム 雑草:ヨモギ、オオブタクサ、アキノキリンソウ、タンポポ、フランスギク 牧草:カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ホソムギ、ギョウギシバ 主要食物アレルゲン:牛肉、豚肉、鶏肉…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。…

【フィラリア症とは】 フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が心臓や肺の動脈に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。血液の循環や肺の機能に障害をあたえるため、疲れやすくなったり、咳がでたりします。また腎臓や肝臓がよわっていくこともあり、放っておくと死亡してしまう恐ろしい病気です。 犬の種類、年齢、体重やそのときの体調にかかわらず感染するリスクのある病気です。 フィラリア症は、ちゃんとした予防によって防ぐことのできる病気です。毎年、必ず定期的にお薬を投与して下さい。 フィラリアの予防薬は要指示薬になっています。フィラリアの予防薬の場合、獣…

wwpc_b013
wwpc_b033
wwpc_b004
wwpc_b092